縄跳びの基本

なわとびの上手な持ち方と握り方。リモコン持ちで効率よく力を加えよう!

投稿日:

縄跳びには上手な握り方がある

はじめて縄跳びをする子供は、何も考えずに持ち手(グリップ)を握ってしまいます。でも握り方ひとつで、縄跳びに力が上手に加えられるか?が大きく変化してしまうのです。

あなたは「リモコン持ち」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?リモコン持ちは、なわとびを上手に持つための方法です。幼稚園や小学校低学年の子供の場合は、握り方が安定しないので注意してあげましょう。

リモコン持ちのやり方

リモコン持ちは名前の通り、リモコンのボタンを押すように親指を立ててグリップを持ちます。このとき、親指を含め全ての指がグリップに密着しているのがポイントです。

幼稚園の子供によくあるのが、じゃんけんのグーのように握ってしまうパターン。親指が他の指の上に乗ってしまい、上手に力を加えられません。

親指はモノを押す力が一番強く、遠心力でブレる縄跳びを制御する役割があります。リモコン持ちを意識するだけで、二重跳びや前跳びができるようになる子供もいるので侮れません。

リモコン持ち以外の握り方

リモコン持ち以外にも「マウス持ち」という人差し指を伸ばした持ち方があります。こちらは交差跳びに適していると言われていますが、幼稚園や小学校低学年の子供にはオススメできません。人差し指でグリップをコントロールするのですが、幼稚園や小学校低学年の子供の力ではうまく制御できないんですよ。

マウス持ちは小学校高学年以上では有効ですが、はじめて縄跳びに取り組む子供には「リモコン持ち」のみでOKです。

縄跳びは握り方で大きく変化する

グリップの握り方は、直接力を加える部位なのでとても大切です。二重跳びを練習している子供には、無意識にグリップの端を持ってしまう癖がある場合も。グリップの握り方を意識させるだけでロープの軌道が安定し、二重跳びができるようになるケースも少なくありません。

たかが握り方、されど握り方。

あなたのお子さんは、上手にリモコン持ちができていますか?

オススメの記事3つ

あわせて読みたい【オススメ記事】

縄跳び・前とびの練習方法とコツを丁寧に解説:教え方のポイントは?

縄跳びの練習は小学校前からはじまる? あなたのお子さんは縄跳びが上手に跳べますか? 1回とんだら止まってしまう 休憩を入れながら2回ジャンプで1回だけまわしている なわとびが跳べないのを嫌がってしまう ...

続きを見る


二重跳びの練習方法とコツを丁寧に解説:教え方のポイントは?

二重跳びは難しい技である 二重跳びとは1回のジャンプでロープを2回転させる跳び方のことで、縄跳びの代名詞とも言える技です。小学校で必ず扱うので、すべての小学生が一度は挑戦します。 でも二重跳びってそん ...

続きを見る


ビニール縄跳びを選ぶポイントは?上達を促すオススメの縄跳びをランキングで解説

世間の縄跳びの大半がビニールロープの理由 100円均一からスポーツショップまで、縄跳びといえば9割以上の商品が「ビニール製」のなわとびです。 ビニールのロープはボリ塩化ビニル(PVC)が主な材料で、形 ...

続きを見る

この記事について

この記事は、日本初のなわとび専門指導を行う「一般社団法人日本なわとびアカデミー」が運営をしております。
定期開催なわとび教室を初め、単発ワークショップなど「なわとびを習える場所」を提供しています。

-縄跳びの基本

Copyright© なわとびレッスン.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.