縄跳びのコツと練習方法

あやとびの練習方法とコツを説明。交差の入り方と戻り方がポイント!

投稿日:

あやとびは3つの運動の組み合わせ

あやとびは「交差跳び」と「前とび」を繰り返す跳び方のことです。小学校のなわとびカードにも必ず入っている技の一つですね。

交差跳びよりも簡単に思われがちですが、じつはそんなことありません。あやとびは3つの運動を組み合わせる複雑な技なのです。

  1. 交差に入る動き
  2. 交差をまわす動き
  3. 交差から戻る動き

あやとびは、これら3つの動きを繰り返します。
交差跳びなら、(2)の交差をまわす動きだけですからね。思い込みで簡単に思われがちですが本当は難しい技のため、つまずく子どもが多いのが「あやとび」なのです。

この記事では、あやとびの練習方法とコツ・上達するためのステップを紹介しています。

あなたお子さんの練習の参考にしてください!

あやとびに適した縄跳びを選ぼう!

練習を始める前に、あやとびに適した縄跳びを選びましょう。あやとびは交差を連続で繰り返すため、グリップが長い縄跳びがおすすめです。また細かな操作が必要なので、操作性の高いロープだとなお良いですね!


フリースタイル・ロープ | 日本なわとびアカデミー・ショップ

【関連記事】交差とびの跳びやすい縄跳びの選び方 | なわとびレッスン.com

たまに幼稚園・保育絵で指定の「布製・ヒモ製」の縄跳びを使っている子どもがいますが、あやとびには適していません。布製のロープはやわらかすぎて操作性が低く、さらに軽すぎて交差でまわすのが難しい。

お子さんがあやとびに挑戦するようになったら、このタイミングでビニール製の縄跳びに交換してあげてください。上達の仕方が全然ちがいますよ!

【関連記事】 幼稚園で使う「ヒモ」の縄跳びは本当にとびやすい?本当にオススメの縄跳びは? | なわとびレッスン.com

あなたのお子さんに合わせて、縄跳びの長さも調子しましょう。

正しい調整方法ちょうどいい縄跳びの長さは下記の記事で紹介しているので参考にしてください。間違っても、あまったロープを押し込まないでくださいね。交差に入る動きはとても繊細なので、すぐに引っかかってしまいますよ!

【関連記事】 縄跳びの長さはこう決めよう。上手に縄跳びをするための長さの決め方とは? | なわとびレッスン.com
【関連記事】 縄跳びの余りは押し込まないで!間違った長さの調整が上達を妨げます | なわとびレッスン.com

あやとびの練習方法とステップ

縄跳びの準備ができましたか?さっそくあやとびの練習に入りましょう。

あやとびには大きく「交差に入る練習」「交差から戻る練習」「交差をまわす練習」の3つがあります。

  1. 交差に入る練習
  2. 交差から戻る練習
  3. 交差をまわす練習

それでは、ひとつずつ順番に見ていきましょう!!

交差に入る練習

あやとびの1回目の交差に入る練習です。まずは写真のように正しい位置で交差を作れているか?を確認しましょう。まだ上手に交差跳びに入れない人は、交差跳びの練習方法の記事をみて練習をしましょう。

正しい位置で交差が出来ているのを確認できたら、前とび3回から交差跳び1回をとびます。このとき、必ず前とびの回数を「3回」にしてください。また交差跳びは連続でとぶ必要はありません。1回でも跳べたら、この練習は合格です!

交差から戻る練習

次は交差から戻る練習をします。上記の練習で交差跳びに入ることが出来たら、写真のように前跳びの状態でロープを止めてみましょう。

交差跳びをきれいに跳ぶことが出来ないと、うまく前とびまで戻れません。上手に交差が回せない人は交差跳び練習方法の記事を参考に「回し方」を確認しましょう!

交差をまわす練習

交差跳びに入る・戻るの練習ができました。最後はこれらを組み合わせてあやとびを完成させます。縄跳びを片手で持って、八の字を書くように左右に回してみましょう。

右手・左手の左右を練習します。この片手八の字回しでは、あやとびに必要なタイミングが掴めるようになります。身体にぶつからないようゆっくり練習をしてみましょう。

そして、左右の手が上手にできるようになったら、いよいよ「あやとび」に挑戦します。

あやとびを跳んでみよう!!

ここまでの練習ができたら、いよいよ「あやとび」を跳んでみましょう。

  • 前とび3回
  • 交差跳び1回
  • 前とび1回
  • 交差跳び1回・・・

この順番で繰り返します。失敗で多いのが、焦って交差をいれずに開いてしまうパターン。急いで回している様子が見えたら、上記の「交差に入る」の練習を再度確認してみましょう。ゆっくりと腕を交差するように教えてあげてください。

あやとびは複雑なので順番に!

あやとびには「交差に入る」「交差から戻る」「交差でまわす」の3つの動きが必要です。しかもすばやくこれらを繰り返すため、はじめての子どもは焦って混乱してしまうことも。

練習のコツは1つずつを焦らず丁寧にやることです。

交差に入る、交差から戻るをゆっくりと確認しながら練習しましょう。焦って交差ができなくなったら、1つ練習を巻き戻せばOKです。

あなたのお子さんの練習に、この記事が参考になれば嬉しいです。

オススメの記事3つ

あわせて読みたい【オススメ記事】

縄跳び・前とびの練習方法とコツを丁寧に解説:教え方のポイントは?

縄跳びの練習は小学校前からはじまる? あなたのお子さんは縄跳びが上手に跳べますか? 1回とんだら止まってしまう 休憩を入れながら2回ジャンプで1回だけまわしている なわとびが跳べないのを嫌がってしまう ...

続きを見る


二重跳びの練習方法とコツを丁寧に解説:教え方のポイントは?

二重跳びは難しい技である 二重跳びとは1回のジャンプでロープを2回転させる跳び方のことで、縄跳びの代名詞とも言える技です。小学校で必ず扱うので、すべての小学生が一度は挑戦します。 でも二重跳びってそん ...

続きを見る


ビニール縄跳びを選ぶポイントは?上達を促すオススメの縄跳びをランキングで解説

世間の縄跳びの大半がビニールロープの理由 100円均一からスポーツショップまで、縄跳びといえば9割以上の商品が「ビニール製」のなわとびです。 ビニールのロープはボリ塩化ビニル(PVC)が主な材料で、形 ...

続きを見る

この記事について

この記事は、日本初のなわとび専門指導を行う「一般社団法人日本なわとびアカデミー」が運営をしております。
世界チャンピオンを排出したJJRA名古屋なわとび教室を始め、多様な「なわとび講座」を開催中!!

なわとびカードを無料提供中!

日本なわとびアカデミーの無料メルマガ会員に登録すると、定期レッスンで使用する「なわとびカード」を無料で差し上げます。
短期講座やレッスン情報をはじめ、なわとび情報を定期配信します。

登録はこちらのフォームにメールアドレスを入力してください。※携帯電話アドレス非推奨





-縄跳びのコツと練習方法

Copyright© なわとびレッスン.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.